その他

禁煙して1年以上たちました

自分は、喫煙歴はが10年以上ありました。

正直、禁煙する気なんて全くありませんでした。

ですが、期間工になってから、タバコを吸うところが少なくなりました。

工場でも、喫煙所が遠かったり、タバコを吸う時間が限られたりします。

休憩時間は10分しかないです。

その時間内にトイレ行って、タバコ吸って、飲み物買ってなんてしてたら、休む時間がありません。

寮でも、部屋の中でタバコを吸うことはできますが、1Rの部屋で換気扇とかもないので、煙がこもります。

窓を開けると虫が入ってきますし、部屋の中には洗濯物を干していたりするので、服がタバコ臭くなります。

期間工になる前は、デスクワークをしていたので、割と自由に席を外すことができました。

お昼休憩はもちろんのこと、トイレなども自由にいくことができました。

そういった時についでにタバコも吸いに行ったりしていました。

喫煙所もオフィスビルに入っている喫煙所でしたので、エアコンや換気扇が常に稼働していて、リラックスした状態で、タバコを吸うことができました。

工場の喫煙所は外ですので、夏は暑いですし、冬は寒いです。

そういった環境でタバコを吸わなくてはなりません。

自分には耐えられませんでした。

どうして、そんなつらい思いをしてタバコを吸わなくてはいけないのかと嫌になりました。

期間工になる前と比べると、タバコを吸うことが苦痛に感じるほどでした。

そういった経緯があり、タバコをやめようと思いました。

今回は、そんな自分がどうやって禁煙したのか、また、禁煙してどうなったかをまとめました。

禁煙した方法

結論から言います。

特に何もしていません。

タバコを止めようと思ってから、残っているタバコを吸ったらもう吸わないと決意して止めました。

すぐに禁煙しなかったのは、単純にもったいなかったからです。

ですが、その時に残っていたタバコを吸い終わってからは、きっぱり止めることができました。

自分は、1日一箱吸い切らないくらいでしたので、もともとそこまで吸う方でもありませんでした。

仕事がある日だと、15~18本くらいでギリ残るくらいって感じでした。

休みの日だと、これよりもう少し吸うくらいですね。

喫煙する方法として、少しずつタバコの吸う本数を減らすとか、ニコチンの少ないものを吸うとかあります。

ですが、そういったものに頼らなくてもタバコは止められました。

結局、大事なのは意志力ですね。

また吸いたいと思うか?

吸いたいですね。

1年以上禁煙には成功していて、禁煙してからは1本も吸っていません。

ですが、タバコは吸いたいです。

昔、友人で禁煙した人がいました。

その人にタバコ吸いたくならないの?って聞いたことがあったのですが、その友人は吸いたいと思わないと言っていました。

禁煙に成功したら、タバコって吸いたくなくなるものなんだ!ってその時は思いましたけど、自分はそんなことはなかったです。

お腹いっぱいご飯を食べたり、お酒を飲んだりすると、めちゃくちゃタバコを吸いたくなります。

ゲームをしてて、ちょっと休憩しようとしたときなんかも、つい、タバコを探してしまいますね。

この、喫煙衝動は一生残るものなのかもしれませんね。

正直、期間工を満了して、自由になったら、また吸いだしそうですね。

禁煙して良かったこと

やはり、タバコを止めた分、貯金にお金まわせるようになったことですね。

タバコを吸っていると、口の中が乾くので、コーヒーを買ったりとかもしていました。

そういった時に使っていた飲み物代も使わなくなったので、その分もお金を節約できるようになりました。

自分がタバコを止めてよかった思ったのはそれくらいですね。

よく、ご飯がおいしく感じるとか聞きますけど、自分にはわかりませんでした。

医者にタバコを止められていたわけでもないので、健康面で害があったわけでもなかったですしね。

おわりに

結局、禁煙を成功させるには、環境と意志が重要だと感じました。

自分の場合は、期間工になって、タバコを吸うことに不自由を感じなければ、タバコを止めようなんて、そもそも考えもしなかったです。

もし、考えたとしても、いつでも吸えるような環境にいたので、止めようと思っても止められたと思えません。

しかも、よく遊んでいた友人たちも、喫煙者が多く、よく一緒にタバコを吸ったりしていたので、そういった面でも難しいと思います。

まぁ、自分のやり方だと環境を一新できるような機会でもないと難しいですけどね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。