FXの情報

原油先物価格が大暴落

4月21日の夜中にですが、仕事終わりにtwitterを見たら衝撃的なことがつぶやかれていました。

石油が大暴落しているとのことです。

twitterを確認したのが、2時前くらいでした。

その時、5ドルを切るくらいだったんですよね。

20ドルくらいでしたので、めちゃくちゃ落ちています。

自分は、原油国の通貨をFXで持っていたので、ちょっとやばいと思いました。

【期間工FX】メキシコペソ円の長期投資はじめました

急いで確認したところ、多少下がってはいましたが、そこまで影響はありませんでした。

めちゃくちゃ焦りましたね。

ですが、メキシコペソ円は相変わらず含み損を抱えたままです。

正直、やらなければよかったと思っています。

話は戻りますが、原油の価格ですが、いったん5ドル程度で停滞していたのですが、そこからさらに落ち、マイナスまで落ちていきました。

一時は、マイナス40ドルをつけました。

なんだよマイナスって!って感じですよね。

原油を買うのにお金をもらって買うってことかよ!って思いますよね。

今回原油がマイナスになった経緯をtwitterで詳しく解説していたので、それを載せます。

ちょっと、twitterの埋め込みができないのでコピペになってしまいます。

今日は時間がないので、twitterの埋め込みは後で勉強します。

WTIっていうアメリカの原油価格指標がある、今コロナで誰も原油使ってなくてアメリカの原油保管タンクがパンク状態、
5月現物渡しの締日が今日で、今日決済しないと現物がやってくる、タンクがパンクすると洋上保管するしかないのでコストがかかる→みんな権利押し付け合い

おわりに

原油価格は、4月21日14時時点では、1ドル半ばくらいみたいですね。

コロナショックの影響は、これからどんどん出てくるのでしょうね。

たぶん、これからも前代未聞の衝撃的なことが起こるはずです。

それの一発目が原油のマイナス価格なのかもですね。

投資はどんなに安全マージンを取っていても、危ない世界になってきました。

投資は本当に怖いですね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。