期間工の寮

【画像あり】トヨタ期間工 田原寮の部屋を紹介

期間工生活で、もっとも気になるもと言えば、そう、寮ですよね。

これから、期間工として生活するうえで、多くの時間を過ごす場所になります。

寮が汚かったりしたら、せっかく地元からでてきて、頑張って働こうとしてるのに、テンション下がりますよね。

ですが、実際、外れ寮と言われている寮も存在します。

それが、田原寮です。

田原寮が外れ寮と言われている理由は、寮が古いからだけではないのですが・・・

それでも、期間工底辺の生活って気になりますよね。

今回は、田原寮に住んでいる自分の部屋を公開します。

期間工底辺の生活を知ることで、実際に期間工になった時、外れ寮を引いても、ある程度の覚悟ができますよね。

よけい嫌になってしまったら、ごめんなさい。

自分の部屋の紹介

寮で用意されている物

テレビ

テレビ台

ミニ冷蔵庫

テーブル

ごみ箱

湯沸し器

布団一式

洗濯物を干す紐

厚いカーテン

エアコン

部屋の大きさは6畳一間です。

床は畳となっています。

ネットは、個人で契約しています。

壁は、むき出しのコンクリートに白いペンキを塗っています。

薄いカーテンはないので、カーテンを開けると、向かいの棟の人たちから、部屋が丸見えになってしまいます。

ですので、カーテンはずっと閉めっぱなしです。

ベランダも一応あります

布団について

布団の詳細

布団

マットレス

掛け布団

シーツ一式

シーツは交換し放題ですが、一応、寮からの説明では、2週間に1回交換するようにしてください。と言われています。

布団だけですと薄いので、マットレスを必ず敷いて寝るようにしています。

収納スペースについて

部屋にはクローゼットがあります。

服は、ここへしまうことができます。

割と大きいので、収納スペースで困ることはないです。

引き出しもついていますので、そこに物をしまったりできます。

自分は、会社からもらった書類なんかを入れてたりします。

玄関について

ドアが木製のため、廊下の音が聞こえます。

また、部屋の音も、廊下に丸聞こえだったりします。

しかも、このドアですが、下に隙間があるんですよね。(赤い丸をしている部分です。)

田原寮部屋の不満点

壁はコンクリなので、隣の生活音とかは聞こえないが、ドアが木製なので、廊下の音が聞こえる。

部屋で大きい声で話したりすると、壁がコンクリでも、壁が薄いので隣の部屋に聞こえる。

ミニ冷蔵庫なので、冷凍庫がついていない。

布団が小さい

たぶん身長が180cm以上ある人は、布団から足が出ると思います。

エアコンの温度調整ができない。

おわりに

どうでしょうか?

田原寮ってこんな感じなんです。

自分は、最初の研修中に、田原はやばいとか言われて、もっとひどいのを想像していたので、思ったよりはましだなって感じでした。

期間工になる前に住んでいたアパートと、広さも一緒でしたので、狭いとも思いませんでした。

感じ方は、人それぞれだとは思います。

ですが、トヨタで期間工を目指している方であれば、この寮になるかもと、覚悟しておく必要があります。

どうしても嫌であれば、寮ガチャで、当たりを引くしかありませんね。

自分達のときは、40人いて25人が田原寮でした。

半分以上が外れを引きましたよ。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。