iDeCo

【期間工】iDeCoはじめました

申請が通るまでめちゃくちゃ時間がかかりました。

3カ月くらいかかりましたね。

iDeCoについて詳しく知りたい方は厚生労働省のホームページへiDeCoについて詳しく知りたい方は厚生労働省のホームページへ

申請にこんなに時間がかかるとは思いませんでした。

申し込みを始めたのは12月末くらいでした。

その後、年末年始をまたいで申請書が届きました。

会社からの証明とかが必要でしたので、組長にお願いして、会社の証明をもらうことにしました。

社印とかが必要でしたので、本社に申請書を送ることになりました。

ここで、2~3週間くらい時間がかかりました。

その時は、すでに1月末くらいでしたね。

会社からの証明が終わった後、すぐに申請書を出したのですが、そこからがさらに長かったです。

iDeCoの申請が通ったのは、3月くらいになってましたね。

ネットとかで、申請が通るまで時間がかかるとあったので、覚悟はしていたのですが、ここまでかかるとは思いませんでした。

正直、途中から忘れてました!

これから、iDeCoを始める方は申請してから始めるまで、時間が3カ月くらいかかりますので、気を付けてください。

あと、会社に勤めている方は会社からの証明が必要になります。

期間工もそこは変わりませんでした。

iDeCoとは

自分で掛け金を設定して、60歳までの間にお金を積み立てて運用していく制度です。

定期預金、保険商品、投資信託で掛け金を運用し、老後に備えて貯蓄していくことができます。

また、大きな税制優遇があるのが特徴です。

証券会社

つみたてNISAと同じで

楽天証券でiDeCoを始めました。

楽天証券で始めたり理由は、つみたてNISAと同じところでまとめたかったからという理由です。

【期間工】つみたてNISAはじめました【期間工】つみたてNISAはじめました

特に何かあるといったわけではないです。

おわりに

iDeCoはとりあえず、口座開設まで済みました。

ですが、ちょっとタイミングが微妙な気がします。

コロナショックで全体的に株価が落ちているので、今が買い時なのかもですが、もう少し待ってもいいのかなって気がします。

ですので、iDeCoはしばらく放置中です。

つみたてNISAは軒並みマイナスです。

コロナショック前まではプラスだったんですけどね。

残念ですよ。

とりあえず、口座開設後から4カ月間は掛け金の配分指定はしなくても大丈夫みたいです。

4カ月たつと楽天証券の提示する指定運用方法で勝手に運用が開始されてしまうらしいです。

それまでに、どうするか決めないとですね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。