期間工の仕事

【トヨタ自動車】3月の操業は正常稼働

コロナウイルスの影響で、多くの工場では、正常に稼働できていない状態が続いています。

ただ、トヨタは3月いっぱいの生産の目途が立ったようです。

今週の初めには、9日以降の稼働状況が不明でしたが、どうにか操業停止といった事態は避けられそうです。

田原工場は今週は平常運転

アイシンやジェイテクトといったトヨタグループの部品メーカーが、中国工場で作っていた部品を替わりに生産しているようです。

トヨタの期間工からしたら、仕事がなくならずにすむのでありがたいですね。

ですが、こういった部品メーカーの方々は、相当大変だったはずです。

自分は、部品メーカーで働いたことはないのですが、アイシンなどの部品メーカーは、普段から、3時間くらい残業しているとよく聞きます。

通常時で、そんなにも働いているのに、プラスで、中国工場で作っていた部品まで作らなくてはならないとか、どんだけ働いているのか想像がつきません。

人によっては、残業が多いほうがありがたいのかもですが、自分は適度に働いていられれば満足なので、1時間以上の残業はちょっときついです。

まぁ、仕事がなさすぎても困ってしまうので、難しいですけどね。

でも、これでとりあえずは、一安心です。

一時は、どうなるかと思いましたからね。

最悪、操業停止になってたら、有休が全部なくなるんじゃないかと思いました。

田原工場の3月9日以降の稼働予定

とりあえず、予定通りフル残で稼働します。

月曜に、会社に行ったら変わるかもですけどね。

まぁ、ここまできて、そう変わることはないと思います。

本音では、多少は減ってほしかったですけどね。

おわりに

部品メーカーの皆様、お疲れさまです。

さすが、トヨタグループといったところでしょうか。

ソースになった記事
トヨタが一足早く生産正常化

自分の予想では、多少は、生産が落ちることになるだろうと思っていました。

中国工場の生産は、2月の半ばにはすでに、再開されていましたが、生産が落ちていました。

そういったこともあったので、少し期待していました。

まぁ、もしも、生産が一時的に落ちていたら、その後に地獄が待っていましたけどね。

一時的にでも、生産が落ちてしまっていたら、さらに残業が増えることは、間違いなかったです。

そういったことも考えると、部品メーカーで働く人たちには、感謝しかありませんね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。